投資スクールで学ぶのと独学の違いとは?

公開日:2023/09/15  

!

この記事を読んでいる方のなかで、投資に興味があるけれど、投資スクールと独学のどちらがいいか分からないと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、投資スクールでの学びと独学の違いについて解説します。この記事を最後までお読みいただければ、抱く投資の学び方に対する疑問が改善するようになります。

投資スクールとは?

「何を教えてもらえるの」「なんだか怪しい印象」「どのスクールがよいか分からない」など、投資スクールについてそういった印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

ここでは、投資スクールとは何かについて解説します。

投資スクールとは何か

投資スクールでは、投資の基本から応用までを体系的に学ぶことが可能です。

専用のプログラムが用意されており、初心者から着実にステップアップしています。投資スクールでは、情報が単元ごとに細分化され、カリキュラムが組まれています。対面形式は、セミナー会場に足を運んで、講師と直接顔を合わせて学習します。

動画形式は、ネット環境を通じて、自宅など好きな場所で、オンラインライブや動画を使って学習します。投資スクールは、投資対象ごとに種類が分かれます。株式投資スクールを主流とし、投資信託・FX・不動産投資を対象とした投資スクールも存在しています。

投資スクールと独学の違い

投資を学習するには、投資スクール独学ではどちらがよいのでしょうか。

ここでは、投資スクールと独学それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

投資スクールのメリット

投資スクールのメリットは、投資家やトレーダーなどプロの講義が受けられることです。

カリキュラムにのっとり、より実践的な指導が受けられます。また、ほかの受講者と交流できることもメリットです。高い志を持った人たちが集まり、そのなかに交じって交流することで、よりよい刺激が受けられます。

投資スクールのデメリット

投資スクールのデメリットは、独学に比べ大きな費用がかかることです。

投資スクールでは、入会金と受講料を合わせると、数万円~数十万円の費用が必要です。また、対面形式の場合、時間が拘束されてしまうこともデメリットといえます。

独学のメリット

独学のメリットは、安く気軽に学習できることです。

投資を扱った本やYouTube動画で学習するため、投資スクールに比べ、圧倒的に安価で学習できます。また、時間の制約を受けないことも大きなメリットです。

独学のデメリット

独学のデメリットは、カリキュラムがないため、自分がどのレベルから学習したら適切かが把握しづらいことです。

また、自分で教材を選ぶため、知識に偏りが発生したり、間違った知識を身につけてしまう危険性があります。

投資スクールで学べば儲かる?

そもそも投資スクールで学べば誰しもが稼げるようになるのでしょうか。

ここでは、投資スクールに入れば儲かるのか、効果は表れるのかについて解説します。

投資スクールで学べば儲かるのか

投資スクールで学ぶことで儲かるようになるのかは、個人によってさまざまです。

儲かる人もいれば儲からない人もいるのが現実です。投資スクールで学ぶことは、情報や経験者からのアドバイスに基づく知識のインプットであり、そこで得た情報を武器に、どれだけ効果的にアウトプットできるかが大切です。

投資はいつ買うべきかの情報は取得しやすい傾向があり、いつ売るべきかのタイミングは自分の判断に委ねられる傾向があります。もし投資スクールで学んだことが生かせずに悩んでいるのであれば、博識ある人に相談してみるのもおすすめです。

投資スクールで学んだ効果は長期で表れる

投資スクールで学び、その効果を実感するには時間が必要です。

投資の本質は、未来に向けて行動することです。投資は長期で見なければいけません。学んだ結果、儲けとして表れてくるのは、ある程度の期間を経過してからです。

長期で資産運用し続けると、複利の効果は非常に大きくなり、元本と利息のリターンが増加する可能性が高まります。そのため短期間で結果を出そうとすると、かえって失敗するリスクが高くなってしまいます。焦らずにじっくりと待つようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は投資スクールと独学の違いについて解説しました。投資スクールとは、投資の基本から応用までを体系的に学べる、専用のプログラムが用意されたスクールのことです。投資スクールのメリットは、プロ投資家の講義が受けられることであり、デメリットは、独学に比べて大きな費用がかかることです。一方、独学のメリットは、安価で学習できることであり、デメリットは、知識に偏りが発生することです。また、投資スクールで学ぶことで儲かるかどうかは、個人によって異なり、学んだ効果は長期で表れる傾向にあります。スクールと独学のどちらを選ぶのであれ、投資の基本を身に着けることは大変重要です。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

初めての投資を始めるなら、少額からスタートし、コツコツと資産を積み上げる小額投資がおすすめです。この記事では、少額の1,000円から投資を始める魅力やメリットについて紹介します。少額からでも

続きを読む

投資は未成年でも可能で、若いうちからお金の使い方を学ぶメリットが広がっています。2022年度から始まった高校での投資学習は、将来の賢い経済活動をうながし、長期的な資産形成の可能性を提供してい

続きを読む

外国株式への投資は、投資家にとって新たな世界を開く可能性を秘めています。外国株式への投資により、多様な市場へのアクセスが得られ、リスクの分散が可能です。しかし、為替リスクや政治的な不確実性な

続きを読む