資産形成したい!投資と投機ってなにが違う?

公開日:2023/12/15  

投資

銀行の預金として余裕資金が眠っている人は、資産形成の方法として運用にチャレンジするのがおすすめです。「投資」「投機」など複数の方法があるため迷ってしまいますが、それぞれの概要や特徴を理解して慎重に選択することが重要です。今回は、投資と投機の違いやメリット・デメリットなどを詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

投資とは?

資産形成に興味を持って調べていると、投資や投機という言葉を目にします。投資というと株や投資信託のようなイメージがありますが、実際にはどのような内容を指すのでしょうか。ここでは、投資の定義や投機との違いについて詳しく解説します。

そもそも投資とは

投資とは、将来的な利益を期待して長期的にお金をかけることを指します。資産をじっくりと育てていく感覚であり、具体的には株式や債券、不動産などが対象です。継続的に資金を得られる性質のものが多い一方で、投資者が投じた金額以上のリターンが必ず得られるという保証もありません。

どのような投資にもリスクはつきものであるため、投資先・投資金額は慎重に判断することが必要です。

投資と投機の違いとは

投資と混同されやすい言葉に「投機」があります。投資は将来的な利益にかけて長期にわたって保有する性質のものであるのに対し、投機は相場の変化や値動きから短期的な利益を得ることを期待した資産形成方法です。

早ければ翌日〜数日以内に利益が出るものもありますが、基本的に一度に得られる利益はあまり大きくありません。投機によって大きな利益を得ようとすると、取引を頻回に行ったり、レバレッジをかけたりすることが必要です。具体的には、FXや先物取引、デイトレードなどが投機に当てはまります。

投資と投機のメリット・デメリットを解説

投資と投機はそれぞれ異なるメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴や注意点を把握して、資産形成の目的に合わせた最適な方法を選択してください。以下では、投資と投機のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

投資のメリット

投資のメリットとして挙げられるのは、投資した人全員に利益が分配される点です。今後成長見込みがある企業にお金を投じているため、企業の価値が上がることで投資した人全員に利益の恩恵を受けるチャンスがあります。さらに、物価の変動以上の利益を得ることも可能であるため、インフレ対策となる点も魅力です。

投資のデメリット

投資は自分が投資した分のお金が必ず戻ってくる保証がありません。元本割れして損する可能性ももちろんあるため、リスクを取りたくない人には向いていないといえるでしょう。また、基本的に長期的な目で見て資産形成する方法であることから、短期間では利益を得られない点もデメリットとなります。

投機のメリット

投機のメリットは、タイミングや運によって翌日や数日後には利益を得られる点です。もちろんリスクはつきものですが、短期間で結果が出るのは投機ならではのメリットであるといえます。

投機のデメリット

投機のデメリットとして挙げられるのは、損をする可能性が高い点です。相場の変動や値動きは誰にも予想できないため、タイミングや運次第ではすぐに利益を得られるケースもあるものの、大きな損を生んでしまう場合もあります。

さらに、投機は一瞬の価格変動も見逃さないよう、常にパソコンやタブレットの前で値動きを気にしなければなりません。外貨が絡めば取引時間が深夜・早朝になるケースもあるため、時間を確保するのが難しい人もいるでしょう。もちろん投資と同じく元本保証もなく、借金を背負ってしまうこともあります。

初心者なら投資がおすすめ

ここまで投資と投機の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しましたが、初心者が資産形成を始める場合には投資を選択するのがおすすめです。以下では、初心者に投資をおすすめする理由を2つ解説します。

安定的に利益を得られる可能性が高い

その場・その時の値動きから利益を生む投機とは異なり、投資は成長が期待できる企業をじっくりと見極めてお金を投じることが可能です。投資前にじっくりと分析・検討する時間を確保しておくことで、安定的に利益を得られる可能性が高くなるでしょう。

値動きを常に気にしている必要がない

常にパソコンやタブレットの前で値動きを追わなければならない投機とは異なり、投資は長期的な資産形成方法であるため、初心者でもハードルが高いと感じることなくチャレンジできます。

もちろん自分がお金を投じた銘柄の株価をチェックする習慣をつけることは大切ですが、投機のように一瞬の値動きが命取りとなるような緊張感を持つ必要はなく、比較的気軽に保有できるでしょう。

まとめ

今回は、資産形成を始めようとしている人向けに、投資と投機の違いに加え、それぞれのメリット・デメリットなどを詳しく解説しました。投資は株式や債券のように長期的な運用を目的とした資産形成であるのに対し、投機は短期的に利益を得ることを目的とした方法です。

投資は安定して利益を確保しやすくインフレ対策にもなる一方で、元本割れするリスクもあること、資金を長期間動かせないことなどがデメリットとして挙げられます。また、投機は短期間で利益を得られる可能性もあるものの、値動きを常にチェックしなければならない点がデメリットです。初心者が資産形成のために運用を始める場合には、リスクが比較的小さくチャレンジしやすい投資を選択するのがよいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

初めての投資を始めるなら、少額からスタートし、コツコツと資産を積み上げる小額投資がおすすめです。この記事では、少額の1,000円から投資を始める魅力やメリットについて紹介します。少額からでも

続きを読む

投資は未成年でも可能で、若いうちからお金の使い方を学ぶメリットが広がっています。2022年度から始まった高校での投資学習は、将来の賢い経済活動をうながし、長期的な資産形成の可能性を提供してい

続きを読む

外国株式への投資は、投資家にとって新たな世界を開く可能性を秘めています。外国株式への投資により、多様な市場へのアクセスが得られ、リスクの分散が可能です。しかし、為替リスクや政治的な不確実性な

続きを読む